外殻材料について

LWIMにおいて外殻樹脂として使用可能と判断されている外殻樹脂材料は,
 ●非水溶性
 ●融点または構造的問題となる熱変形温度が110℃以上
 ●成形温度350℃以下

なる条件を満たす事が必要ですが,この条件を見ればかなり多くの樹脂が使用可能であることが分かるでしょう。但し,外郭樹脂の選定にあたっては,念のため事前の検討段階においてオートクレーブ耐性評価,即ちその外殻樹脂がLWIMの中子除去プロセスに耐えるか否かについて物性変化量を確認する必要があります。当社ではそのための試験片の受け入れを行っています。
 前ページに記載通り外殻樹脂がエステル結合等の加水分解性結合様式を有している場合,その分解性の程度によっては使用不可となることもありますが,多くの場合最適中子材と除去槽の条件を設計することで使用できる可能性が高くなります。また透明樹脂を外殻とする場合は,オートクレーブ前後の透明度の保持等について最適な除去槽条件を求める必要があります。
 住友大阪セメント社では様々な樹脂のオートクレーブ耐性についてのデータを揃えています。 候補となる樹脂のデータが必要な場合は都度お問い合わせ下さい。


TOPへ→