生産工程とモノの流れ

LWIMの各工程にはどんな工場が稼働し,またその地域は何処ですか?
LWIMの工程を確実に進めVEを成立させるためには,各プロセスを効率的に実施する能力と設備を持った工場が必要です。以下はその認定工場の所在地とモノの流れを示しています。
VE提案の式
 設計,金型製作から中子成形,製品成形までは条件に合った認定工場で行います。中子除去は千葉県船橋市にある住友大阪セメント(株)のオートクレーブで行います。中子のインサート成形,即ち製品成形においては,外殻製品のサイズが大きく認定工場の成形機では成形できない,外殻製品の量産プロセスが外部に公開できない等の理由により,中子の成形品を販売して製品成形のみ協議先で実施して頂く場合もありますが,その後の中子除去は必ず千葉県船橋市まで輸送して実施する必要があります。
 このような物流の複雑さは当技術の普及に従って徐々に改善していく予定ですが,通常工程間における半製品の輸送に伴う費用はわずかであり,当面は大きな負担にならない場合が多くなっています。

掲載していないご質問がある場合

お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。
いただいた内容は、こちらのページで掲載させていただくこともございます。